資金調達を考えているものの、「資金調達の方法が分からない」「できるだけ効率的に資金調達をしたい」「資金調達にはどんなものがあるのか」などの疑問は多いものです。

そして、資金調達をサポートしているサービスや商品の、適切な選び方や、そもそもどのような企業が資金調達をサポートしているのは分かりづらいもの。

そこで、本記事では「自社がどのような資金調達サポートを受けるとよいのか」がカンタンに分かるように、「資金調達をサポートしている業種」や「資金調達をサポートしている業種のサービス内容」を中心に紹介しています。

読み終えることで、自社に必要な「資金調達サポート」がどんなものなのかがイメージできるようになりますので、早速、読み進めて参りましょう。

■資金調達サポートとは

資金調達サポートとは

資金調達サポートにはこれといった概念はありません。

しかし現在、2つの「資金調達サポート」ととらえることのできる概念が存在します。

・資金調達そのものをサポートするもの
・資金調達に利用できる商品でサポートするもの

それぞれの資金調達サポートについてご説明します。

・資金調達そのものをサポートするもの

資金調達そのものをサポートするものは、その名の通り資金調達に関するサポートを専門家が行うことです。

会社の設立や資金繰りなど、一般の方では知らない制度や知識が数多く存在します。

そこで、資金調達に精通した専門家がサポートに入り、適切な資金調達を可能とすることを指すものです。

・資金調達に利用できる商品

もう一つの「資金調達サポート」を表すものとして、「資金調達に利用できる商品」があります。

・融資
・投資
・ファクタリング など

これらの金融商品を利用して、資金調達サポートを行います。といった、ニュアンスで使われることも現段階ではあります。

■どんなときに資金調達サポートが必要?

どんなときに資金調達サポートが必要?

そもそも、どんなときに「資金調達のサポート」が必要なのでしょうか?主な場面は以下の2つの場面となります。

・会社設立時
・経営に追加資金が必要な時

これらの場面になったときに、必要な資金調達についてご説明します。

・会社設立時

会社設立時には資金調達を必要とする場面がほとんどです。

会社の設立時に十分な資金を個人で準備できている人は全体と比較すると少数。

しかし、十分な資金が準備できていなくても、資金調達ができれば・・・

このような場合に、資金調達サポートを受けることによって、効果的な結果を得ることができます。

会社設立時に資金調達サポートを受けることができるものに以下のようなものが。

・事業計画の作成アドバイス
・補助金、助成金のアドバイス
・融資に関するアドバイス
など

会社設立時の融資は簡単ではありませんので、豊富な知識を有する専門家が資金調達サポートサービスを提供しています。

・経営に追加資金が必要な時

もう一つの資金調達サポートを必要とする場面が「経営に追加資金が必要な時」です。

経営中に資金調達を必要とする場面は複数存在します。

例えば以下のような場面。

・資金繰り悪化時
・設備投資を行いたい時
・事業の拡大で人員を確保したい時
など

このような場合には、「資金調達そのものをサポートする企業」だけなく、資金調達手段である「資金調達をサポートする商品を扱う企業」も利用すると効果的です。

■資金調達サポートを行っている業種とその内容

資金調達サポートを行っている業種とその内容

では、資金調達サポートを行っているのはどんな企業や業種なのでしょうか?

資金調達サポートを行っている企業や業種には以下のようなものがあります。

・会計事務所(税理士事務所)
・経営コンサル企業
・銀行、ノンバンク企業
・ファクタリング企業

それぞれどのようにして資金調達サポートをしているのかご紹介していきます。

・会計事務所(税理士事務所)の資金調達サポートの内容

会計事務所は税理士が行っている場合が多いため、会計事務所と税理士事務所は同じくくりとして考えることにします。

会計事務所(税理士事務所)の資金調達サポートの内容は、主に以下のようなものとなります。

・創業融資や融資を受けるための事業計画書作成のアドバイス
・融資商品の選定(補助金・助成金も含む)
・金融機関との交渉
・資金調達額の見積り
など

会計事務所(税理士事務所)の資金調達サポートは、「会社設立時」の「融資を成功させるためのサポート」などの「資金調達そのものをサポート」をメインとしている場合が多いようです。

・経営コンサルタント企業の資金調達サポートの内容

経営コンサルタント企業の資金調達サポートの内容は、主に以下のようなものとなります。

・融資を受けるための準備資料の作成
・金融機関の選定・交渉
・事業投資のアドバイス(M&Aなど)
・事業計画書作成のアドバイス
など

経営コンサルタント企業は、中小企業診断士や銀行出身者、会計事務所から独立している人など、企業によって特色が異なります。

企業によって扱える分野に違いがあるのが経営コンサルタント企業ですが、行っている資金調達サポートは「資金調達そのものをサポート」です。

・銀行、ノンバンク企業の資金調達サポートの内容

銀行の資金調達サポートの内容は、主に以下のようなものとなります。

・融資(貸し付け)
・銀行保証付私募債の引き受け(銀行のみ)
・ファンド
など

銀行の資金調達サポートは、「資金調達に利用できる商品」で行われます。

・ファクタリング企業の資金調達サポートの内容

ファクタリング企業の資金調達サポートの内容は、主に以下のようなものとなります。

・ファクタリングによる売掛債権の買取
・企業によっては資金調達そのものをサポート

ファクタリング企業の資金調達サポートは主に「資金調達に利用できる商品」で行われます。

また、運営の体系によっては「資金調達そのものをサポート」できる企業もなかにはあるようです。

■それぞれの資金調達サポートのメリット

それぞれの資金調達サポートのメリット

次に、「会計事務所(税理士事務所)」「経営コンサルタント企業」「銀行」「ファクタリング企業」、それぞれの資金調達サポートを受けることによって得られるメリットについてご紹介します。

・会計事務所(税理士事務所)の資金調達サポートを受けるメリット

会計事務所(税理士事務所)の資金調達サポートを受けるメリットは「融資に強い」ことです。

なぜなら、金融機関とのコネクションが強く、多くの会社設立をサポートしてきた経験から、適切な「融資」を受けることができるため。

事業計画書や資金調達後の予想経営計画書などを、専門家が過去の実績をもとに作成します。

ほかにも、融資に関する金利や期間、担保や保証人など、利用者の状況に合わせた融資商品の提案も。

会計事務所(税理士事務所)の資金調達サポートには、適切な融資を受けることができるという強みがあります。

資金調達をどのようにすればいいのか分からない、というような場合に心強い存在と言えるでしょう。

・経営コンサルタント企業の資金調達サポートを受けるメリット

経営コンサルタントの資金調達サポートを受けるメリットは、会計事務所(税理士事務所)と同じく「融資に強い」ことです。

経営コンサルタント企業は「税理士」や「銀行出身者」などが多く、行う資金調達サポートは会計事務所(税理士事務所)と非常によく似ています。

資金調達サポート以外のサービスで、会計事務所(税理士事務所)と異なるものがありますが、今回は省略させて頂きます。

・銀行、ノンバンク企業の資金調達サポートを受けるメリット

銀行やノンバンク企業で資金調達サポートを受けるメリットは、「直接資金調達ができる」ことです。

銀行、ノンバンク企業ともに、「融資」による貸し付けを行っていますので、直接資金調達ができます。

また、銀行の場合「私募債」や「ファンド」を扱う場合も。

融資と異なり、資金調達だけでなく企業のイメージアップを図ることもできます。

・ファクタリング企業の資金調達サポートを受けるメリット

ファクタリング企業の資金調達を受けるメリットは、「迅速な資金調達ができる」ことです。

なぜなら、ファクタリングは融資と異なり、即日~数日で資金調達が可能だからです。

また、バランスシートのオフバランス化(バランスシートをスリムに見せる)や取引先の倒産に備えることもできます。

早急な資金調達を必要とし、融資を待てないような緊急事態の場合に役立ちます。

■資金調達サポートを受けるとどうなるのか?

資金調達サポートを受けるとどうなるのか?

では、資金調達サポートを受けた場合、どのような結果を得ることができるのでしょうか。

「会計事務所(税理士事務所)」「経営コンサルタント企業」「銀行、ノンバンク企業」「ファクタリング企業」の、それぞれの事例をまとめてご紹介します。

・会計事務所(税理士事務所)の場合

会計事務所(税理士事務)で資金調達サポートを受けることによって得られた結果には、次のようなものがあります。

・赤字決算だったが融資を受けることができた
・通常よりも早い期間で融資決定がされた
・納税が間に合っていなかったが、事情を勘案してくれる融資先を紹介してもらえた
・零細企業で資金調達が難航していたが、サポートのおかげで融資を受けることができた
など

会計事務所(税理士事務所)の資金調達サポートを受けることによって、個人では解決できないような案件も解決できているようです。

・経営コンサルタント企業の場合

経営コンサルタント企業で資金調達サポートを受けることによって得られた結果には、次のようなものがあります。

・事業計画や収支計画の作成と見直しで資金調達をし、販路の確立を達成
・出店のための自己資金が足りず融資を受けようとしたが手続きなどが分からず、サポートで資金調達ができた
・資金繰りの悪化で借入整理ができておらず、設備の修繕費を調達できなかったが、サポートで整理や資金調達を達成

経営コンサルタント企業の資金調達サポートに加え、経営コンサルタント企業の提供するほかのサポートも受けることで問題を解決できているようです。

・銀行、ノンバンク企業の場合

銀行、ノンバンク企業で資金調達サポートを受けることによって得られた結果には、次のようなものがあります。

・新たな事業を始めることができた
・自由な使い道のある融資で、設備を改修できた
・大きな事業に取り組むことができた

銀行やノンバンク企業の資金調達サポートでは、事業の開始や設備投資など解決すべき問題が明確な案件に、適切な融資商品を利用することで問題が解決できているようです。

・ファクタリング企業

ファクタリング企業の資金調達サポートを受けることによって得られた結果には、次のようなものがあります。

・急な資金調達を必要とする場面で利用ができた
・売掛先に倒産の不安があったが、事前に資金回収ができた
・バランスシート上で売掛債権を動かすことにより、融資でも有利となった

ファクタリング企業の資金調達サポートでは、「急な資金調達」「売掛金回収不能の回避」「融資へ向けた準備」など、幅広い問題が解決できています。

■まとめ

まとめ_【資金調達サポート】を具体的に紹介br業種や内容も詳しく解説

資金調達サポートについてのポイントは以下のようになります。

・資金調達サポートには「資金調達そのものをサポートする」「金融商品で資金調達をサポートする」2つの概念が存在
・資金調達サポートが必要な場面は「会社設立時」「経営に追加資金が必要な時」
・【資金調達そのものをサポートする】業種は「会計事務所(税理士事務所)」「経営コンサルタント企業」
・【金融商品で資金調達をサポートする】業種は「銀行・ノンバンク企業」「ファクタリング企業」
・資金調達サポートのメリットは、各業種によって異なる
・資金調達サポートを受けることによって、事業の改善や拡大をスムーズに図ることができる

資金調達サポートという言葉に対して、明確な概念が現在は存在していません。

しかし、「融資を受けることを目的」として使われる場合と、「金融商品を利用して資金調達をすることを目的」といった2つの考え方に分けることができるでしょう。

弊社「誠和キャピタル株式会社」では、後者の「金融商品を利用して資金調達をサポート」しています。

弊社はファクタリング企業ですので、「早急な資金調達」「売掛金回収不能の回避」「融資へ向けた準備」などの場面でもっとも効果的に利用が可能です。

「時間があまりない」「売掛先の経営が心配」「融資を受けるためにバランスシートを整理したい」場合は、一度、弊社までご連絡をしてみてください。

きっと、御社のお力に添えることができるはずです。